ノダD日記

方舟航海日記改め、行くぞ!30日間世界一周!日記改め。
貧乏暇なしディレクターの日記。
<< 5/10日記(シドニー→エアーズロック) | main | これから帰ります >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
5/11日記(エアーズロック)
5/11
5時起床。出動の準備をして5時45分にロビー集合でツアーに出発、のはずが私たちの他に誰もいません。バスも来ません。おかしいと思ったら、シドニーとエアーズロックには30分の時差があることが今更判明。30分ロビーで待機。まあ遅刻するよりましですが。

気を取り直してサンライズツアーに出発。まだ真っ暗な中、エアーズロック(アボリジニの呼び名でウルル)へ。朝は結構寒いので、ビューポイントに付くと温かい飲み物がサービスされます。日が昇り始めてだんだんウルルが紅く染まります。かなり感動的な光景です。が、ものの20分ほどで移動の合図が出て、ウルルの麓へ移動。いよいよメインイベントのウルル登山です。登山口のところに立て札があり、日本語を含む各国語で「危険・登るな」と書いてあります。だって目の前に登山口があるじゃん(笑)。まあその意味は後でわかるわけですが。
さて登り始めるわけですが、登山とは言ったものの、実際には山ではなく岩です。表面には靴が滑らない程度の凹凸はありますが、基本的にはつるつるで草も木も何も生えていません。一応、杭が1〜1.5m間隔で打ってあって、鎖がずっとつながっているので、それに捕まりながら登っていくのですが・・・チョー怖い!!見た目よりはかなり急勾配で、足が滑りそうなので、本当はつま先立ちで登りたいのですが接地面積を増やすためにベタ足で登るので、アキレス腱とふくらはぎがびんびんに引っ張られます。筋肉痛は必至。ちらっと後ろを見ると目もくらみそうな高さ&断崖絶壁。後でこれをおりるんだよなあ(鬱)。真っ暗になりながら、それでも一歩ずつ登っていきます。下の立て札の意味がこの辺でようやく理解できました。ホントに命が危ないです。ちょっと突風が吹いたら多分とばされて落下しますよ、これ。カクガクブルブル。そりゃ雨や風ですぐに登山中止になるのも無理ないです。死ぬって。ホントに。

しばらく登っていくと、ついに鎖もなくなります。そこから先は、地面にルートが白ペンキで転々と描いてあります。もう少し登っていくと勾配はゆるくなり、今度はアップダウンの繰り返しになります。岩の上の平らな部分になったみたいなのですが、平らとは言ってもかなりのでこぼこですよ。
登り初めて1.5時間、ようやく頂上らしきところに到達。やりました!!チョー疲れましたが、なんだかすごい達成感です。エイドリアーーン!!!(意味不明)


とりあえず写真を撮り、ケータイがバリ3立っていたので頂上からブログ更新(笑)。さらに、さるころさんに一発芸を要求して、空手の型をやってもらいました。エアーズロックVSカラテ!
一通りやることをやって、いよいよ恐怖の下山です。最初のうちはアップダウンだけなのでいいんですが、鎖の辺りに来ると下が見えてきてチョー怖いですよ!!それでも思ったほどはびびらずに、立ったままゆっくり下りることができました。しかし、ひざとふとももががくがくです。なんとか下に下りてきたときは、ホントのホントに膝が笑ってましたよ。
とりあえずトイレに行き、ツアーバスの出発まで時間があったのでぼんやりとウルルを見上げます。あんなところに登ったのか、と思うとかなりの充実感です。日の当たり具合で刻々と変化していく岩肌の表情も面白く、一日中でも見ていたい気分ですが、時間なのでバスに乗り宿に12時到着。
午後のツアーの予約をして、カフェで昼食をとり14時に再びバスへ。今度はカタジュタという別の岩を見るためのシャトルバスです。英語ガイドなんてどうせほとんどわからないので、ガイドなしのコースにしました。
カタジュタはウルルとはまた印象の違う場所でした。大きな岩と岩の間の谷間にルートがあり、両側に岩がそびえている感じです。見上げるような岩の壁に圧倒されます。結構、駆け足で見ないといけないのが残念です。もしエアーズロックに行かれる方がいらっしゃるようでしたら、ツアーよりはレンタカーを借りることをおすすめします。安くあがるばかりじゃなく、自分でスケジュールを決めてじっくり回る方がもっと楽しめると思います。
16時過ぎにバスに戻り、ウルルのサンセットを見る場所に移動。ほんの4〜5の間に燃え上がるように真っ赤に染まって、あっという間に暗くなる、その数分のショーがとても美しく、感動的です。

18時半頃、ホテル帰着。晩ご飯の準備に取りかかります。今日はオージービーフをしょう油とニンニクで焼いたものがメイン。主食代わりにインスタントラーメンという、カンクンでの食事と似たパターンです。
食べたら猛烈な睡魔が襲ってきました。朝が早かったせいでしょう。何度か寝落ちしながらデータバックアップ作業を終わらせた後、登山でぱんぱんになった足をさるころさんがマッサージしてくれました。うおーチョー気持ちいい。マジで金が取れますよ、さるころマッサージ。24時頃就寝。

写真 砂漠で見かけたラクダ
| 野田真外 | 世界一周道中 | 08:20 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:20 | - | - | pookmark |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ オススメ
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE